アトピーとスキンケア

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質の方に多く見られる皮膚炎の事を言いますが、アレルギー体質は必ずアトピー性皮膚炎に掛かるとは限りません。
アトピーには原因があり、その原因が皮膚のバリアー機能の低下です。
皮膚のバリアーとは何でしょう?と疑問を持つ方もいますが、バリアーとは外部から入る刺激等から皮膚を守る機能です。
この機能が低下してしまうと、皮膚に炎症を起こす可能性があります。
このバリアーは、皮脂と角質層にある、セラミドによって生成される物です。

正常な方は、細胞間脂質であるセラミドが豊富に存在するので、そこから肌に細菌や刺激が入り込むことはありません。
したがって、アトピー性皮膚炎などに掛かる可能性も低くなります。
しかし、このバリアーの機能が低下してしまう要素があります。
それが洗浄力の強い洗剤や日焼け、乾燥、ストレスや食生活の乱れで、皮脂の量が減少する時です。

細胞間皮脂をセラミドと言いますが、セラミドの量が減少すると、外部からの刺激が皮膚の中に侵入しやすくなり、それが原因で、かゆみやかぶれを引き起こします。
アトピー性皮膚炎には、対策や予防策が色々とありますが、効果的な物というと肌に合わない場合もあり、大変難しいアレルギー症状と言われています。
特に小さいお子さんの場合、セラミドの形成が不十分なので、アトピー性皮膚炎を起こす可能性が高いと言えます。
アトピー性皮膚炎の場合、スキンケアで改善できると言われているので、肌に合ったスキンケア用品を選択しましょう。



<注目サイト>
アトピーなどの肌の悩みを改善するためのスキンケア用品を購入できます >>> 肌の悩み アトピー